格安SIMの20GB以上プランを比較

OCNモバイルONEの特長と評判・評価

格安SIMの中でもトップクラスのシェア!

「OCNモバイルONE」は日本最大規模のインターネットサービスプロバイダ「OCN」のMVNO。データ通信専用で880円(税抜)/月、音声通話対応SIMカードで1,180円(税抜)/月などMVNO内でも最安クラス。さらに「OCN 光サービス」と併せて利用する場合、ココから更に割引される「OCN光モバイル割」も!

月額料金880円~
回線docomo

公式サイト:OCNモバイルONE

OCNモバイルONEの特長とメリット

最大の特長はプランの多彩さ。

高速データ通信量が月単位ではなく、日単位で選べるプランもあるほか、最大30GBという大容量プランも用意。

また、月に一回、プランの変更が出来るので、利用を開始してから実際に高速データ通信の消費量を見極めつつ、最適なプランを選ぶ事ができる。

さらに、高速データ通信のオン・オフができるアプリや、通話料を安くするアプリが無料で使える事もメリットといえる。

2つの通話オプションで「ほぼ0円通話」

格安SIMの最大のネックは通話料金が高い事だが、最近では10分かけ放題のサービスが増えている。

「OCNモバイルONE」では、それに加えて、よく電話をかける上位3回線(EX:お父さん、お母さん、弟の携帯電話)が無料になる「トップ3かけ放題」プランが用意。

さらに「10分かけ放題」と「トップ3かけ放題」を合わせた「かけ放題ダブル」というセットが提供されている。多くのユーザーが通話料金0円にできるだろう。

10分かけ放題(月額850円)

1通話10分以内の国内電話が回数無制限で0円になる。10分以内の電話を多くかける場合はコレがおすすめだ。

トップ3かけ放題(月額850円)

その月の国内通話料上位3番号(自動的に判定)の通話料が0円になるオプション。特定の人としか話さない場合に向いている。

かけ放題ダブル(月額1,300円)

10分以内の国内電話の通話が0円。さらに、その月の通話料上位3番号の通話料が0円になるという、2オプションの組み合わせ。

月額880円で最強の音楽プレイヤーを作れる

月額880円の3GBプランにくわえ、追加量無料のMUSICカウントフリーオプションを活用すれば、使わなくなったスマホが最強の音楽プレイヤーになる。自分の好きな曲を最安で聴くことができるのだ。

「MUSICカウントフリー」なら、所有している曲はGooglePlayミュージックで、垂れ流しならSpotifyなど、シーンに応じて使い分け可能だ。

MUSICカウントフリー対応サービス・GooglePlayミュージック
・AWA
・dヒッツ
・レコチョクBest
・amazonミュージック
・Spotfiy
・LINEミュージック
・ひかりTVミュージック
・ANIUta

バースト転送容量が多めで通信制限の低速時に強い

パケットを使い切ると、通信速度が200kbps以下に制限されてしまう。しかし、「OCNモバイルONE」なら、低速時でも読み込み時にほんの少しだけ通常速度で通信してくれる。

この機能は一般的に「バースト機能」と呼ばれ、実際に転送してくれる容量そのものは大きくないものの、メールの送受信やWEB、SNSの読み込み程度であれば快適に通信を行える。

「OCNモバイルONE」のバースト転送の容量は公式には公開していないが、150KB分とされており、他社のおよそ2倍にあたる。

OCNモバイルONEの評価

以前はあまり特徴がなく、評価がしづらかった「OCNモバイルONE」だったが、弱めだった通信速度の回復とサービスの底上げで飛躍的に利用しやすくなった。

オプションサービス面の評価

アプリ面では2018年から始まった「MUSICカウントフリー」は無料で付けることができるうえに、グーグルミュージックやAWA、スポティファイなどの主要な音楽配信サービスを抑えており、音楽ファンにはたまらない。普段からストリーミング系の音楽をダラダラと流している人にはおすすめだ。

MUSICカウントフリー 音楽アプリ容量無制限 | OCN モバイル ONE | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま
OCN モバイル ONE「MUSICカウントフリー」。お申し込みいただいた方限定。人気ミュージックサービスの通信容量を消費せずに使用できるカウントフリー®が登場!対象サービスやご利用の流れを詳しく紹介。格安SIM・格安スマホならOCN モバイル ONE。

通話サービス面の評価

また、通話サービスとして通常の「10分かけ放題」のほかに、「トップ3かけ放題」と「かけ放題ダブル」の2オプションが追加されたことは大きい。これらは通話料上位3番号の通話料が0円になるという独自のかけ放題オプションで、長時間通話するユーザーにうってつけ。

通話時間は長めだが、他の格安SIMでは月額料金が高すぎるというユーザーの受け皿になっている。長電話する相手を3人までに絞れば、事実上通話し放題に近い。

通信速度面の評価

通信速度については際立って高速というワケではないものの、常時安定しているのが特徴。速度が落ちがちな昼頃でも20Mbps以上で通話することができた。

また、低速時のバースト転送機能も魅力の一つ。バースト転送とは、速度制限時に最初の一定通信量まで高速通信ができるサービスだが、その容量は75KBが一般的。

しかし、「OCNモバイルONE」なら150KBと多めなので、速度制限に引っかかっても、他社SIMに比べればストレスなく利用できるのは嬉しいポイントである。

販売面での評価

販売については、全国の家電量販店などで受け渡しカウンターがあるので安心。近所に受け渡しカウンターがないか、あらかじめ調べておくといいだろう。

受け渡しカウンターでは質問なども可能なので、格安SIMに乗り換えるのがはじめてであってもスムーズにいくはずだ。

料金面の評価

料金については、大きなアドバンテージがある訳ではないが、日割りプランや速度を抑えた安価な大容量プランなどユニークなプランが用意されている。

サポート面の評価

なお、スマホは日常生活に密着するデバイスである以上、万が一の故障や破損なども重要視したいポイント。

「OCNモバイルONE」のSIMと同時に購入した端末であれば、補償に関するオプションを追加することも可能。セット購入できる端末は、コスパに優れているモデルが中心。

さらに、初心者が分かりにくいスマホの初期設定を電話やリモートでサポートする「あんしんモバイルパック」もオプション選択可能だ。

「あんしんモバイルパック」を契約しておけば、128GBの大容量クラウドを利用することができるため、端末を紛失してしまったり、買い替えたりする際のデータ移行やバックアップを取っておくことができる。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました